あやせのえんがわの物語

「あやせのえんがわ」は、“地域のえんがわになりたい”という想いから、顔が見えてゆっくり座って世間話ができるような、昔ながらの居場所を目指した足立区綾瀬のケアマネジャー事務所です。土曜日は定期的に、地域の品や生産者の顔が見える商品を扱う「こぢんまり商店」を営んでいます。

和尚代筆

地域での“いとおしい暮らし”を作る「こぢんまり商店」森川公介さん ー和尚代筆 其の伍ー

日暮里舎人ライナー「舎人駅」より徒歩6分の全學寺副住職である大島が、地域の中にある物語を、その物語の主役たちに代わって描く連載が「和尚代筆」です。其の伍では、足立区綾瀬のケアマネジャー事務所「あやせのえんがわ」代表で、「こぢんまり商店」店主の森川公介さんの物語をお届けします。
おせっかいライナーノーツ

「おせっかいライナーノーツ」1/22に第1回を開催!

「おせっかいライナーノーツ」は、足立区で活動する「おせっかい子育てプロジェクト」と「トネリライナーノーツ」による交流会です。毎回、地域で活動する人をゲストに招いて交流し、2次会は足立区西新井の「Lotus Table Labo」に移動します。
舎人線寫眞

舎人線寫眞 57人目・森川 公介さん

「舎人線寫眞(トネリライナーポートレート)」の57人目は、「あやせのえんがわ」代表の森川公介さん。「舎人線寫眞」は、日暮里舎人ライナー地域をはじめとした、足立区・荒川区で活動する人たちを、写真家の山本陸さんの写真と共に紹介する企画です。