フリーストーリー

フリーストーリー フリーストーリー

フリーストーリーは、「地域のことを、誰でも自由に応援できる」というコンセプトの記事です。

子どものすることには“ワケ”がある

ゆっきぃ先生と考える「でも“本当は”好き」 【子どものすることには“ワケ”がある 第2話】

足立区を拠点とする子どもの理科実験・ワークショップの教室「わんだーラボラトリー」を主催する和田由紀子さん(ゆっきぃ先生)は、足立区の学校支援員として様々な子どもたちを支援しています。そんな“ゆっきぃ先生”が、個性あふれるユニークな子どもたちの物語を綴るのが、「子どものすることには“ワケ”がある」です。
子どものすることには“ワケ”がある

ゆっきぃ先生と考える「“普通”って何だろうな?」 【子どものすることには“ワケ”がある 第1話】

足立区を拠点とする子どもの理科実験・ワークショップの教室「わんだーラボラトリー」を主催する和田由紀子さん(ゆっきぃ先生)は、足立区の学校支援員として様々な子どもたちを支援しています。そんな“ゆっきぃ先生”が、個性あふれるユニークな子どもたちの物語を綴るのが、「子どものすることには“ワケ”がある」です。
ユースサポーターの輪

「ユースサポーターの繋がりで生み出す“子どもの社会性”」 川野礼さん・小宮嘉友さん【ユースサポーターの輪 #2】

地域のユース世代を応援する団体や個人にフォーカスを当てて、それぞれの活動への想いや課題などを取材することによって、その輪を広げていく連載が「ユースサポーターの輪」です。#2では、足立区を拠点に活動する子ども食堂「たべるば」女将(代表)の川野礼さんと、代表秘書の小宮嘉友さんにお話を伺いました。
ダチバナシ

「“学級支援員”と“地域の先生”の両輪で子どもに寄り添う」ゆっきぃ先生×スズキミさん 【ダチバナシ 2席目】

トネリライナーノーツの地域団体の紹介企画「ダチアダチ」に登場した団体のキーマンが、それぞれに話し手と聞き手を務める対談が「ダチバナシ」です。2席目となる今回の話し手には、“ゆっきぃ先生”こと和田由紀子さんをお招きしました。また、聞き手は“スズキミ”こと鈴木公子さんが務めています。
編集長は話が長く、書くのが遅い

『ガチアダチ』取材をスタート、“コツアダチ”の幕開け! 【編集長は話が長く、書くのが遅い 第4話】

「トネリライナーノーツ」編集長である大島俊映が、地域コミュニティへの想いや活動の裏側を描く連載が「編集長は話が長く、書くのが遅い」です。第4話では、「『ガチアダチ』取材をスタート、“コツアダチ”の幕開け!」をテーマに、遅々と進まない筆でお届けします。本当は飲み会で聞いてほしいです。
ユースサポーターの輪

「オープンな居場所づくりで地域の若者の後押しを」和泉薫さん 【ユースサポーターの輪 #1】

地域のユース世代を応援する団体や個人にフォーカスを当てて、それぞれの活動への想いや課題などを取材することによって、その輪を広げていく連載が「ユースサポーターの輪」です。#1では、一般社団法人「てとらぽっと」代表の和泉薫さんにお話を伺いました。