地域に根差す、治療だけではない整骨院「ALLスポーツ整骨院」

日暮里舎人ライナー「扇大橋駅」より車で15分のところにある「Allスポーツ整骨院」をご紹介します。
※Allスポーツ整骨院の最寄り駅は、綾瀬駅です。

「Allスポーツ整骨院」院長の奥山厚太郎さん
「Allスポーツ整骨院」院長の奥山厚太郎さん

編集長の大島です。新型コロナウイルスが流行の影響が顕著な昨今、読者のみなさんはいかがお過ごしでしょうか。私はと言えば、テレワークに突入して、自宅のリビングでパソコン仕事をするようになったのですが、とにかく、痛い。痛いです。首、そして、肩が。おそらく、作業しているテーブルの高さが低いのが原因なのですが、ずっと我慢していました。

そんな折に、大学の先輩で弁護士の近藤陽介さんから「足立区の整骨院の先生と知り合って、頑張っているから応援したい!」という熱いご連絡を頂きました。渡りに船、とはこの事でしょうか。二つ返事で、体験取材が決まりました。

Allスポーツ整骨院の外観
Allスポーツ整骨院の外観

今回お邪魔したのは、Allスポーツ整骨院。日暮里舎人ライナーが走る西日暮里駅から、千代田線で3駅先の綾瀬が最寄駅となります。そこからは、徒歩で7分ほどの距離です。

ALLスポーツ整骨院のトレーニングスペース
ALLスポーツ整骨院のトレーニングスペース

Allスポーツ整骨院にお邪魔して、まず驚いたのは初めてお会いした奥山先生が若くて爽やかだったことで、次に驚いたのがトレーニングスペースの開放感とそこにある器具の多さです。整骨院と言えば、年配の先生が所狭しと並んでいるベッドで患者を揉む、というのが私のイメージだったのですが、この時点において良い意味で覆されました。

ベッドでの問診
ベッドでの問診

普段と同じ流れでの施術をお願いして、ベッドでの問診が始まりました。私が痛みを感じている首や肩を触って、チェックしていきます。

問診が続きます
問診が続きます

また、実際に身体を動かしながら、問診が続きます。首や肩の痛みの原因に対して、分かりやすい解説も。

トレーニングスペースでも問診は続きました
トレーニングスペースでも問診は続きました

さらに、トレーニングスペースでも、問診は続きました。「うちに来ていただいたら、2、3日で身体が元の状態に戻ってしまう治療をするのではなく、根本的な解決を目指しています」という奥山さんの力強いお言葉。患者さん1人1人と向き合う姿勢が、念入りな問診に表れています。

ベッドに移動して施術
ベッドに移動して施術

問診で身体の状態を把握してもらった後、今度は身体を緩めるために、ベッドへ移動して施術に移ります。問診の最中は、身体のことをずっと話していたので、ここから取材に入りました。

この体勢で取材をさせていただくのは初めてです
この体勢で取材をさせていただくのは初めてです

Allスポーツ整骨院 院長の奥山さんは、八丈島で生まれ育った28歳。高校卒業後に、すぐに現在の業界に飛び込みました。きっかけは、高校2年生の時、八丈島にサッカーのJリーグの選手たちが、3泊4日で自主トレに来たことです。当時、サッカー部に所属していた奥山さんは、この滅多にない機会を楽しむべく「その自主トレについて回った」とのこと。すると、Jリーガーと共に来ていたトレーナーから「この道にどうだ?」とお誘いがありました。このトレーナーの方が、有名人やスポーツ選手をクライアントに多く抱えて、トレーナー業などを行う会社の社長だったのです。奥山さんは高校を卒業してから上京、この社長の会社に就職しました。

施術では身体を緩めていきます
施術では身体を緩めていきます

専門学校に通いながら、仕事が始まったのですが、柔道整復師の資格を取得するまではお客さんの身体には触れられず、下積みの仕事ばかりだったそうです。そんな中で、奥山さんはトレーナーとして中学や高校の運動部と関わりを持った時に「学生が怪我をしているのを見て、怪我をしている期間がもったいないし、その怪我は防げる」と感じました。結果として、「育成年代の学生たちが怪我をしないために、なにができるのかを落とし込みたい」と、その道に邁進することになります。そして、会社に在籍して9年後、「育成年代の全てのスポーツ選手のために」という想いから「Allスポーツ整骨院」の名前と共に、独立するに至りました。

施術後には身体の状態を再度チェックします
施術後には身体の状態を再度チェックします

現在、ほとんど縁がなかった足立区の綾瀬で開業して、1年あまりが経ちました。開業前は足立区に対して、メディアの情報や人伝いに聞いたりした影響で、あまり良い印象を持っていなかったそうです。しかし、地域の学校の部活やスポーツクラブと関わったり、育成年代のスポーツ競技者と多く接してきたりして「綾瀬が好きになったし、地域に根差してきたと感じています」と奥山さん。今後も、スポーツをやっている子どもたちにとって、最初の選択肢であることを目指していくという目標を語ってくれました。

 トレーニングスペースでの「宿題」
トレーニングスペースでの「宿題」

最後にトレーニングスペースで「宿題」を伝授されて、すっかり健康への意識が高まった私。ここでの治療は、ただ身体を揉んでもらうのではなく、自分の身体と向き合う時間なんだと感じました。スポーツをしている育成年代を診ることが多いとのことですが、私のような不摂生な生活をしている人も大歓迎とのことです。運動部に所属する少年少女はもちろんのこと、身体に痛みを抱えている方は、Allスポーツ整骨院を1度訪れてみてはいかがでしょうか。

最後はひょうきんな笑顔で見送ってくれました
最後はひょうきんな笑顔で見送ってくれました

Allスポーツ整骨院
住所
東京都足立区東綾瀬1丁目8−12 スガワビル 1F
ホームページ
https://all-sports.jp/
Instagram
https://www.instagram.com/all_sports0510/

今回の応援者 近藤陽介さん
漣法律事務所 ホームページ
https://www.sazanami-law.com/

近藤陽介さん

「仕事のご縁で、Allスポーツ整骨院の奥山先生と知り合いました。足立区で学校の部活や、イベントなどを通して、地域貢献をしていきたいという想いも伺っています。そんな奥山先生の想いに共感して、ぜひ応援したいと思い、トネリライナーノーツ編集長の大島くんにご相談させていただきました」

文=大島俊映(「トネリライナーノーツ」編集長)
Instagram
https://www.instagram.com/oshima_toshiaki/
Twitter
https://twitter.com/oshima_toshiaki
note
https://note.com/oshima_toshiaki

撮影=山本陸(「トネリライナーノーツ」サポーターズ)
Instagram
@ganometherapics
note
https://note.com/ganome_riku

Share this: