「安心堂」足立区江北にある印刷会社【ダチアダチ dachi.16】

ダチアダチ

ダチアダチ」は、足立区・荒川区の物語を届けるWebメディア「トネリライナーノーツ」が応援する企業や団体を紹介する企画です。

dachi.16では、足立区江北にある印刷会社「安心堂」を紹介します。

「安心堂」代表取締役の丸山有子さん(中央)とスタッフのみなさん
「安心堂」代表取締役の丸山有子さん(中央)とスタッフのみなさん

安心堂

「安心堂」は、足立区江北にある印刷会社で、足立区が優れた製品・技術の区内産業を認定する「足立ブランド」の第1号に認定された企業です。

「足立ブランド」第1号認定企業の「安心堂」
「足立ブランド」第1号認定企業の「安心堂」

印刷の受注はもちろん、小型パッド印刷機「なんでもくん」や沿線の駅名がデザインされた「沿線グラス」などユニークな商品の販売もしています。

成形物ならなんでも印刷ができるパッド印刷機
成形物ならなんでも印刷ができるパッド印刷機

▼「安心堂」の関連記事
https://tonerilinernotes.com/tag/anshindou/

「安心堂」のストーリー

「安心堂」に関する質問に、代表取締役の丸山有子さんが回答します。

 「安心堂」代表取締役の丸山有子さん(撮影:2023年7月)
「安心堂」代表取締役の丸山有子さん(撮影:2023年7月)

――どんな想いから「安心堂」が始まりましたか?

丸山さん 創業者は私の父です。 父は大学卒業後から勤めていた証券会社で、営業でトップの成績を収めていたそうで、「ここまでやったら俺は何をやっても大丈夫」と、10年で会社を辞め、子どもの頃から馴染みのあるものづくりの世界でチャレンジしたいと起業しました。

最初から印刷業をしようと思っていた訳ではなく、人の困りごとを解決していくうちに、自然と印刷屋になっていったそうです。

「安心堂」内の「試作工場」
「安心堂」内の「試作工場」

――「安心堂」が大切にしている事はありますか?

丸山さん 「ひとつひとつを丁寧に ひとりひとりを大切に 印刷の技術でひとりひとりの人生の豊かさに貢献する」が安心堂の企業理念です。

もの、こと、ひと、目の前にあるもの全ては誰かの宝物かもしれないという思いを忘れずに、1つ1つを大切に扱いながら、印刷の技術で社会に貢献していくことを大切にしています。

ひとつひとつ丁寧に印刷する様子
ひとつひとつ丁寧に印刷する様子

――どんな仲間と「安心堂」の活動を行っていますか?

丸山さん 私が入社する前から安心堂を支えてくれている社員はじめ、私を信じてついて来てくれているパートスタッフのみんな。 そして、家族、経営者仲間、行政の職員など、多くの人たちから応援してもらっています。

――どんな人と繋がると「安心堂」の活動が前進しますか?

丸山さん デザイナーさんやクリエイターさんと繋がって、一緒に新しいものづくりをしてみたいなと思っています。

「安心堂」のオリジナル手動式小型パッド印刷機「なんでもくん」での印刷
「安心堂」のオリジナル手動式小型パッド印刷機「なんでもくん」での印刷

――「安心堂」のこれまでの実績があれば教えてもらえますか?

丸山さん 2019年に「Tokyo Midtown Award」で受賞者に贈るトロフィーが素焼きの陶器だったんですけど、その名入れの依頼を頂き手掛けました。 ひとつひとつ形が微妙に違うし、印刷する受賞者の名前も全部違うので大変でした。でも、とても喜んでいただき、製作協力として「安心堂」の名前もクレジットに連ねていただいて嬉しかったです。

――「安心堂」を今後どのようにしていきたいですか?

丸山さん もの、こと、ひと、目の前にあるひとつひとつを大切にして、社員やお客様はじめ、ご縁ある全ての皆様に、「安心堂」に出会えて良かったと思ってるもらえるように成長していきたいと思っています。

「安心堂」のプロフィール

「安心堂」のプロフィールは、以下の通りです。

安心堂
ホームページ
https://anshindo.ink/

沿線グラス
販売ページ
https://tsunatsumu.thebase.in/

住所
足立区江北3丁目21-6