「子育てパレット」足立区梅島を拠点に活動する子育てサポートのNPO法人【ダチアダチ dachi.26】

ダチアダチ

ダチアダチ」は、足立区・荒川区の物語を届けるWebメディア「トネリライナーノーツ」が応援する企業や団体を紹介する企画です。

dachi.26では、足立区梅島を拠点に活動する子育てサポートのNPO法人「子育てパレット」を紹介します。

「子育てパレット」代表理事の三浦りささん(中央)と、スタッフの佐藤佳代さん(左)・遠藤光恵さん(右)
「子育てパレット」代表理事の三浦りささん(中央)と、スタッフの佐藤佳代さん(左)・遠藤光恵さん(右)

子育てパレット

「子育てパレット」は、足立区梅島にあるママの居場所「マタニティ&ベビーハウスohana」を拠点に、子育てママやパパに向けて様々な取り組みをしているNPO法人です。

足立区梅島にママたちの拠り所・寄り添い場所「マタニティ&ベビーハウスOhana」内観
足立区梅島にママたちの拠り所・寄り添い場所「マタニティ&ベビーハウスOhana」内観

子育てママ・パパの孤立を防止して優しい社会を作りたい、という願いが込められたシンボルマーク「ドットリボン®︎」を普及しながら、ママたちが“自分色の子育て”を見つけられるようにお手伝いをしています。

「マタニティ&ベビーハウスOhana」
「マタニティ&ベビーハウスOhana」

▼「子育てパレット」の関連記事
https://tonerilinernotes.com/tag/kosodate-pallete/

「子育てパレット」のストーリー

「子育てパレット」に関する質問に、代表理事の三浦りささんが回答します。

「子育てパレット」代表理事の三浦りささん
「子育てパレット」代表理事の三浦りささん(撮影:2023年10月)

――どんな想いから「子育てパレット」が始まりましたか?

三浦さん 不安や迷いの中で子育てをしているママ達が、ワークショップやイベント、相談という形でサポートを受けられる場所を作り、多くのママたちが抱く子育てに関する不安や迷いに寄り添いたいと思ってスタートしました。

自宅の隠れ家サロンとして、ベビーマッサージなど赤ちゃんとママを癒すサロンをオープンしていた時に、泣いてしまうママに多く出会いました。子育ては“教習なしに、突然路上運転を強いられる”ように始まり、「母親だから頑張るのが当たりまえ!」という重責だけがのしかかり、周囲に弱音を吐くことも許されない暗黙のルールの中にいることに、その時に気付きました。

立ち上げメンバー2人も同じ想いがあり、「妊娠したり、出産したりしたら、ここに行けばなんとかなる」と思える場所を一緒に作りたい、と思ったことがキッカケになります。啓蒙だけでなく、相談・居場所というリアルな活動の両面から、ママ・子育て支援に取り組んでいます。

「マタニティ&ベビーハウスOhana」 入口
「マタニティ&ベビーハウスOhana」 入口

――「子育てパレット」が大切にしている事はありますか?

三浦さん 「大丈夫!ひとりじゃないよ」を合言葉にしながら、足立区梅島で「マタニティ&ベビーハウスOhana」という居場所と、24時間365日の相談もできるLINE公式を通して、どこまでもママに寄り添っていくことを大切にしています。そしてその中で、“自分色の子育て”が見つかる居場所にしていきたいと思います。

――どんな仲間と「子育てパレット」の活動を行っていますか?

三浦さん 2006年にベビーマッサージ講師の同期だった2人と一緒に立ち上げました。現在では、他にも助産師・保育士・子育てサポーターなど25名のスタッフがいます。また、他にもボランティアとして一緒に活動を支えてくださるスタッフも大勢います。

“自分色の子育て”が見つかる居場所
“自分色の子育て”が見つかる居場所

――どんな人と繋がると「子育てパレット」の活動が前進しますか?

三浦さん ママの孤立防止の為のシンボルマーク「ドットリボン®」の普及活動に賛同して、インフルエンサーのように影響力のある方と繋がるとより前進する思います。

――「子育てパレット」のこれまでの実績があれば教えてもらえますか?

三浦さん 行政委託の運営・協働事業として、子育てサロン事業や産後ケアデイサービス事業、子育て専門講座を開催しています。また、児童虐待防止&ママの孤立防止活動として、ママフェスタも開催しています。

活動の実績が認められて、2021年に開催された「東京オリンピック2020」の足立区代表の1人として聖火ランナーを務めました。2022年には厚生労働省が母子の健康水準を向上させるための様々な取組を推進する国民運動計画「健やか親子21」におけるアワード「第11回健康寿命をのばそう!」において、厚生労働省子ども家庭局長優良賞(団体部門)を受賞しました。

個人としては、著書『寝顔に「ごめんね」いいたくない!さよならイライラ育児』 を出版しています。

ママが孤独・孤立しない社会をめざす「子育てパレット」
ママが孤独・孤立しない社会をめざす「子育てパレット」

――「子育てパレット」を今後どのようにしていきたいですか?

三浦さん 「子育てパレット」と同じメンバーで立ち上げた一般社団法人「ママの孤立防止支援協会」と共に、ママの孤立防止の為のシンボルマークとして「ドットリボン®」の普及活動に力を入れていきたいです。

子育てママたちがいつでも気軽に、自分の気持ちをつぶやき、誰かに共感してもらい、気持ちを立て直したり、周囲や地域に助けを求めやすくする仕組みを全国に広げて、ママが孤独・孤立しない社会にすることで、未来につながる健全な子どもが育つ世の中にしていきます。

「子育てパレット」のプロフィール

「子育てパレット」のプロフィールは、以下の通りです。

子育てパレット
ホームページ
https://kosodatepalette.jimdo.com/
ドットリボン
https://dotribbon.com/
ママの孤立防止支援協会(ホームページ)
https://www.mamakoritsu.com


住所(マタニティ&ベビーハウスohana)
東京都足立区梅島3-4-8-203(バンビ保育園 梅島園 2階)