「足立いつき薬局」足立区島根にある調剤薬局【ダチアダチ dachi.11】

ダチアダチ

ダチアダチ」は、足立区・荒川区の物語を届けるWebメディア「トネリライナーノーツ」が応援する企業や団体を紹介する企画です。

dachi.11では、足立区島根にある調剤薬局「足立いつき薬局」を紹介します。

「足立いつき薬局」薬剤師の海老沼さん(左から3人目)とスタッフたち
「足立いつき薬局」薬剤師の海老沼さん(左から3人目)とスタッフたち

足立いつき薬局

「足立いつき薬局」は、足立区島根にある調剤薬局です。オンラインでの処方箋受け付けや服薬指導も行っていて、薬の受け取りも自宅配送か店舗受け取りを選択できます。

「足立いつき薬局」の受付
「足立いつき薬局」の受付

また、「地域の人々に情報と薬を」をモットーに、オンライン薬局事業だけでなく、アレルギー患者に対して情報を提供するサービス「ALLERU」も運営しています。

調剤室内の様子
調剤室内の様子

▼「足立いつき薬局」の関連記事
https://tonerilinernotes.com/tag/adachiitsuki/

「足立いつき薬局」のストーリー

「足立いつき薬局」に関する質問に、薬剤師の海老沼徹さんが回答します。

「足立いつき薬局」薬剤師の海老沼徹さん(撮影:2022年8月)
「足立いつき薬局」薬剤師の海老沼徹さん(撮影:2022年8月)

――どんな想いから「足立いつき薬局」が始まりましたか?

海老沼さん 今までの自分の経験を活かして、地元の足立区に貢献したい!そんな想いから、「足立いつき薬局」を始めました。地域への想いが強すぎて、薬局名にも「足立」をつけています(笑)

――「足立いつき薬局」が大切にしている事はありますか?

海老沼さん 地域の人達との繋がりですね。地域の人達と繋がって初めて、街の薬屋としての職能を発揮できますので。また、地域のお医者様との繋がりも大事です。医療サービスは薬剤師だけで成り立つものではないので。

調剤室の入口
調剤室の入口

――どんな仲間と「足立いつき薬局」の活動を行っていますか?

海老沼さん 「足立いつき薬局」は20歳の学生から70歳のおばあちゃんまで幅広い年齢層で運営しています。ユニークな部分としては、「ALLERU」というアレルギー患者向け情報サイトを運営していて、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などのアレルギーの経験がある仲間もいます。

――どんな人と繋がると「足立いつき薬局」の活動が前進しますか?

海老沼さん 足立区の人達とアレルギー患者さんに貢献したい!という強い想いを持つ人と繋がると良いなと思います。今後はヘルスケアの分野での多職種連携ができれば、活動の幅が広がっていくのでは?と考えています。

「株式会社薬zaiko」が運営するアレルギー患者向け情報サイト「ALLERU」が東京都主催のスタートアップアクセラレーションプログラムに採択
「株式会社薬zaiko」が運営するアレルギー患者向け情報サイト「ALLERU」が東京都主催のスタートアップアクセラレーションプログラムに採択

――「足立いつき薬局」のこれまでの実績があれば教えてもらえますか?

海老沼さん 実績は難しいですね。 受賞歴でいうと、足立区の創業プランコンテストでは最優秀賞を受賞しました。また、足立区でコミュニティ活動をしている「あやせのえんがわ」代表の森川さんとオンラインコミュニティ「足立区起業家の会」も立ち上げました。

――「足立いつき薬局」を今後どのようにしていきたいですか?

海老沼さん まずは地域でもっと多店舗展開して、足立区の人達を支える健康インフラを作りたいです。また、会社名が「薬zaiko」なので、足立区の薬在庫センターを作りたいと思います。 

「足立いつき薬局」のプロフィール

「足立いつき薬局」のプロフィールは、以下の通りです。

ホームページ
https://adachi-itsuki-pharmacy.com

ALLERU
https://alleru.com/

開局時間
①9:00-12:00 ②14:00-18:00
※木曜と土曜は①のみ

定休日
日曜・祝日

電話番号
033-3860-9915

住所
東京都足立区島根2-17-1