陽気なボウズが地域を回す 「みんなと副住職」 第6回 川野礼さん

日暮里舎人ライナー「舎人駅」より徒歩6分にある、全學寺。私はこのお寺の副住職で、寺院コミュニティ「みんなの全學寺プロジェクト」を主宰しています。
私たちのコミュニティが、年に10回発行している『陽気なボウズが地域を回す』というフリーペーパーがあります。その中で、不定期に連載している「みんなと副住職」を、この「トネリライナーノーツ」にも転載します。「みんなと副住職」は全學寺の近所で活動している方や、「みんなの全學寺プロジェクト」に関わりのある方を紹介していくシンプルな企画です。

※この記事は、2018年7月に発行された『陽気なおボウズが地域を回す』の中の「みんなと副住職 第6回 会いに行った人 川野礼さん」を転載したものです。

右から、川野礼さん、大島睦美、俊映
右から、川野礼さん、大島睦美、俊映

川野礼さんに会いに「たべるば」へ

前回のみんなと副住職で紹介した鮨処たちかわのお座敷で夕食を楽しんでいた時に、ご縁がありました。私達の隣のテーブルに顔見知りの床屋さんご夫婦が座られたのですが、そこに同席していたご夫婦の奥さんが、川野礼さんです。
その後、川野さんの方からメールをいただきました。メールには、西新井のギャラクシティで月に2回、第1と第3月曜日に子ども食堂を始めるとのこと。
あだち子ども食堂「たべるば」に、川野礼さんに会いに行きました。

川野さんに一問一答

Q生まれを教えてください
A東京の多摩市の方です。歩いていると、たぬきがさささっと出るような。『平成狸合戦ぽんぽこ』の舞台になりました。

Q「たべるば」をやろうと思ったきっかけはなんですが?
A東伊興の「あだち子ども食堂」に見学とお手伝いをした時に、そこに来ていたボランティアの方達との交流が始まりました。その後、「あだち子ども食堂」の代表の長場さんに「ギャラクシティの中で子ども食堂をやってくれないか」とお話しをもらったのがきっかけです。

Q「たべるば」をやってみてどうですか?
Aまだ3回ですけど、たくさんの人が来てくれているので、始めて良かったです。ごはんを食べに来てくれる人が楽しそうにしていたり、地域の方々と繋がりができて、みんなで作っていくというのが実感できたりすると嬉しいです。

Q好きな食べ物はなんですか?
Aたらこが好きなんです(笑)おにぎりもたらこを選びますし、たらこなら何でも。たらこスパゲッティとかも大好きです。

Q癒しはなんですか?
Aお酒・・・(笑)大学の時のバイト先の飲食店でワインを飲むようになり、社会人になって上司に飲みに連れて行ってもらうようになってビールを覚えて、今はバーボンです。みんなでワイワイ飲むのが好きです。

Q副住職をどう思いますか?
A本当にお坊さんですか?って、最初は思いました(笑)

息子の口ぐせが「バーボン」となりました(笑)
息子の口ぐせが「バーボン」となりました(笑)
「たべるば」で使われている野菜
「たべるば」で使われている野菜

川野さんの取材を終えて

取材を通して、家庭の事情で1人でご飯を食べている子ども達に楽しい食卓を届けたい、という川野さんの温かい思いが伝わりました。私達も、川野さんの「たべるば」を応援しようと思います。川野さん、本当にありがとうございました。

陽気なボウズが地域を回す「みんなと副住職」
https://tonerilinernotes.com/category/article/free/temple/

あだち子ども食堂「たべるば」
ホームページ
https://adachi-taberuba.wixsite.com/index
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCqPHmF-hi9iQALI3TV5PhQA
たべるば関連の記事
https://tonerilinernotes.com/tag/taberuba/

みんなの全學寺プロジェクト
みんなの全學寺プロジェクト

みんなの全學寺プロジェクト
住所
東京都足立区古千谷本町2-22-20
ホームページ
https://www.zengakuji12.com/
全學寺関連の記事
https://tonerilinernotes.com/tag/zengakuji/

Share this: