陽気なボウズが地域を回す 「みんなと副住職」 第11回 茂木慧太さん

日暮里舎人ライナー「舎人駅」より徒歩6分にある、全學寺。私はこのお寺の副住職で、寺院コミュニティ「みんなの全學寺プロジェクト」を主宰しています。
私たちのコミュニティが、年に10回発行している『陽気なボウズが地域を回す』というフリーペーパーがあります。その中で、不定期に連載している「みんなと副住職」を、この「トネリライナーノーツ」にも転載します。「みんなと副住職」は全學寺の近所で活動している方や、「みんなの全學寺プロジェクト」に関わりのある方を紹介していくシンプルな企画です。

※この記事は、2019年6月に発行された『陽気なおボウズが地域を回す』の中の「みんなと副住職 第11回 会いに行った人 茂木慧太さん」を転載したものです。

左から、茂木慧太さん、大島俊映、睦美
左から、茂木慧太さん、大島俊映、睦美

茂木慧太さんに会いに「全學寺の本堂」へ

今年4月から「てらのひ」で毎月開催しているのが、「もてき式」と呼ばれる茂木慧太さんによる身体をつかったワークショップです。
茂木さんは、水泳で実績を積み、現在は中国武術のフィールドで活躍していますが、水泳の現役時代は「体幹トレーニング」がメジャーになる前からいち早く取り入れ、現在はそれを一般の方にアレンジしてお伝えしています。
「もてき式」が開催されている全學寺の本堂に、茂木慧太さんに会いに行きました。

茂木さんに一問一答

Q生まれを教えてください
A1991年4月18日、群馬県の富岡市というところの出身です。

Q子どもの時のエピソードはありますか?
Aそこらへんの木を拾って木刀のように振っていました。侍の血が騒いだんでしょうね(笑)あとは、小学生の夏休みには、庭にスコップで穴を掘りました。2メートルぐらい、垂直に掘ってから水平に。それぐらい掘ると、穴の中に階段がないと地上に戻れないんで、階段も作りました(笑)20日ぐらいかけて掘ったんですが、おじいちゃんがその穴に落ちそうになって、1日で埋められてしまいました。

Qどんな仕事をしていますか?
A水泳を教える仕事、ダイエットをサポートする仕事、健康になるための下地を作るトレーニングを伝える仕事をしています。
※現在は、西日暮里のフィットネススタジオ「studio景」を設立。

Q水泳での実績を教えてください
A4歳から始めて小学生の時はジュニアオリンピックに3回出場しました。その後はしばらく苦労しましたが、高校生3年生の時にインターハイで3位に、国体で2位になり、大学時代のインカレで2回優勝しました。その後の全日本選手権で2位になりましたが、その時の1位が瀬戸大也(注・オリンピックメダリスト)です。予選では勝ったんですけど、決勝で負けてしまって。ロンドンオリンピックの日本代表選考会は5位でした。種目は自由形の中長距離です。

Q水泳での飛躍のキッカケはありましたか?
A2回あって、1回目はメンタル面で開き直れるようになったこと、2回目は腰を怪我した際に体幹トレーニングを取り入れるようになったことです。あとはコーチとかの人との縁に恵まれたと思います。今も、人との縁については絶好調です!

Q癒しはなんですか?
A釣りと太極拳です。釣りはルアーで釣れる魚だったら、海でも川でも湖でも良いですね。休日は、稽古をしています(笑)

Q副住職夫妻をどう思いますか?
A良いペアで、歯車がかみ合っていますね!

陽気なボウズが地域を回す「みんなと副住職」
記事一覧
https://tonerilinernotes.com/category/article/free/temple/

studio景
ホームページ
http://studiok.online/
Instagram
https://www.instagram.com/keita.moteki/
YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCwKfrNryhpjIDXV5cyUE8nA

みんなの全學寺プロジェクト
みんなの全學寺プロジェクト

みんなの全學寺プロジェクト
住所
東京都足立区古千谷本町2-22-20
ホームページ
https://www.zengakuji12.com/
全學寺関連の記事
https://tonerilinernotes.com/tag/zengakuji/

Share this: